お知らせ

院長紹介

2019.09.06お知らせ

こんにちは、

脳梗塞メディカルリハイーアスつくば店の

院長の市川純士です!

 

8月1日から院長となりましたが、

遅ればせながら自己紹介をさせて頂きます。

 

 

◎資格

・IPNFA basiccourse Level1+2

・EmpathyTherapy basiccourse修了

・福祉住環境コーディネーター2級

 

 

PTになったきっかけやエピソード

高校時代に部活で怪我をしたことを

きっかけに、患者に寄り添う理学療法士という

職業に魅力を感じ、資格を取得しました。

 

 

◎これまでの経験、自費の職場に来たきっかけ

急性期病院、老人保健施設を経て

感じていたことは、

「もっと患者さんのベストを尽くしたい!

そのために、もう少し長い時間みることが

できれば・・・」でした。

 

現在の医療保険や介護保険の制度では

対応しきれない問題も生じてきており

見直しが行われているのが現状です。

これらによって、病院では入院日数が

短縮され、治療が終わっても実際に

自宅に帰るとなると様々な生活での

支障を来している患者様が多く、

それでも退院せざるを得ないのが

現実でした。

 

そして、老人保健施設では

リハビリも1人を担当する時間が極端に

限られており、一人一人診る時間が

少なく、介護保険内では現在の

身体機能の維持や予防を目的とした

集団でのリハビリが主でした。

大きい括りで言えばリハビリですが、

訓練として行うというより

一連の作業の中で進めているという

実態が自分の中でどうしても

受け入れることが出来ませんでした。

 

限られた時間の中で良くすることが

できないのは自分の力不足と言われて

しまえばその通りだと思います。

そのため結果を出すことを目指して、

日々治療技術を磨いておりましたが、

それでも「改善」を患者様・利用者様と

向き合っていく中で、

どうしてもよく出来ない方が

一定数出てしまっていました。

 

私の現状でのベストは

「90分かけて詳細にお客様の身体を

診させて頂き、施術を行うこと」です。

だからこそ、自分のベストを

尽くすためには、保険内で

提供できなかった「量と質」の

リハビリをお客様のニーズに合わせて

提供できる自費リハビリという場所で

やるしかない!と思いました。

 

 

◎利用者様への想い

「生活はできるけど、日常活動に

支障を来す人」は非常に多く、

病院やクリニックなど保険が

使える分野とは異なった視点で

身体を診なければならない場合が

あると思います。

 

そしてそれは、お客様の悩みを

解決することができる

重要な手段だと思います。

自費リハビリは保険内で定める

時間や期限等の制限がなく、

お客様が納得いくまで続けていく

ことも可能です。

また、自費リハビリだからこそ

保険内で提供できなかった

「量と質」のリハビリを

お客様のニーズに合わせて

提供できると考えます。

 

リハビリを受けて頂いて、

他とはまた違ったアプローチで

今までの悩みが減り、希望を与え、

またそれを叶えていくことも

可能であると考えます。

 

私達スタッフも

お客様のより良い人生を

提供するため、常にスタッフ同士で

話し合い、練習にも取り組んでいます。

この職場には心強いスタッフが

いるからこそ常に良い緊張感を

もって成長できる場所であることは

間違いないと思います。

何よりも「変わった!」と感情が

表情に表れ喜んで頂けた時の

お客様の反応が、この仕事をしていて

良かったと思える瞬間です。

 

夢溢れる未来を一緒に目指していきましょう!

おすすめ記事