よくある質問

質問カテゴリ
すべて
サービスについて
リハビリについて
効果について
施設・スタッフについて
その他
脳性麻痺でもリハビリに通うことはできますか?
もちろん、可能です!
脳性麻痺も、脳のダメージによって起こっているため、脳卒中と類似しています。
しかし、大人になってからの後遺症と、脳性麻痺として幼いころから運動の学習をされてきた方とでは、リハビリの改善が異なる場合がございます。
まずは脳梗塞メディカルリハへお越しいただき、無料カウンセリングをお受けください。
病院と脳梗塞メディカルリハのリハビリは何が違うの?
病院は、主に帰宅後の日常生活動作(食事やトイレなど)のためにリハビリを行っていきます。
脳梗塞メディカルリハでは、カウンセリングの際に、ご利用者様の要望を元にリハビリプログラムを作成いたします。
訪問リハビリやデイサービスは介護保険だけど、ここは違うの?
脳梗塞メディカルリハは、自費診療になります。介護保険の利用はできません。介護保険で行うリハビリは、現在の状態を悪化させないためのリハビリです。またご利用者様に合うリハビリプランが作成されることもありません。 しかし、脳梗塞メディカルリハでは、ご利用者様に合ったリハビリプランを作成することができます。
フィットネスクラブやスポーツジムと同じ感覚?
フィットネスクラブやスポーツジムは主に健康な方の筋力強化、健康維持・向上を重視した場所です。
脳梗塞後遺症がある方のリハビリプラン作成は、身体の構造・状態をしっかりわかっている理学療法士や作業療法士などの専門職の得意分野となっています。脳卒中片麻痺患者さんの場合、左右で状態が異なります。そのため、左右非対称の負荷量、運動メニューを考えなければいけません。フィットネスクラブ、スポーツジムでは、身体の状態に応じたプログラムを発案してくれません。そのため効果的に行うことが困難となります。
送迎サービスなどはありますか?
脳梗塞メディカルリハでは送迎サービスを行っておりません。ご家族さま、もしくはご本人さまが当店へ直接お越しいただくような形になります。
また、ご自宅での動作状況などを、ご家族の方からお話をお伺いすることもあるかもしれません。ご利用者様の目標達成を効率よく行うため、ご協力いただければと思います。
費用が高いのはなぜですか?理由を教えてください。
一見、費用がとても高く感じますが、ご安心ください。病院で受ける診療費と実質変わりません!
病院や施設では公的保険(医療保険・介護保険など)が適用されるため、実費は安くなりますが、保険を適用しない場合、当店の金額とほぼ同じ金額になります。
費用に関して質問されたい方は、お気軽にお問い合わせください。
医療保険や介護保険でリハビリを受けられないのはなぜ?
公的な医療保険や介護保険では、リハビリを受けれる日数、時間は限られます。
脳梗塞メディカルリハは、「もっとリハビリを受けたかった!」「時間をかければ治るはず!」と感じる方に対して、リハビリを提供しています。保険を適用してしまうと、ここでも日数、時間の制限が発生してしまうのです。完全自費だからこそできるサービスがここにはあります。
仕事復帰のタイミングがわかりません。
ご本人さまの仕事の内容(立ち仕事、営業職、デスクワーク中心かなど)、今できる動作などによって変わります。仕事をされる際に、身体のどこを主に使用しているか、どのような動作ができれば仕事ができるかなどを判断していきます。
まずは復帰される仕事・身体の状態、またいつ復帰したいかなどを聞かせてください。
いつまでリハビリは続ければいいの?
改善に対するリハビリはご利用者さまやご家族の方の目標が達成された時点で終わります。
しかし、リハビリというものは、単なる運動だけではありません。継続的にリハビリを続けるということは「自分の身体と向き合う時間」を意識的に作るということになります。リハビリをやめてしまうと、時間の経過と共に再度身体の不自由さや痛みを感じることがあります。毎日自分の身体と向き合うことができれば、ご自身でリハビリをし、ケアすることが可能になります。脳梗塞メディカルリハでは、セルフケアについても丁寧にお教えいたします。
身体ではなく、言葉が出ない症状に関するリハビリはできますか?
「よくせき込む」、「むせこむ」などの症状や、「言葉がうまく出ない」などの症状に対しても、姿勢を改善させるだけで軽減することがあります。専門スタッフがしっかり検査、評価していき、適切な対処法をアドバイスしていきます。
おすすめ記事
お知らせ暑熱順応を改善しよう!~熱中症や脳梗塞予防に~
こんにちは!茨城県のつくば市にあるイーアスつくば内脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間です。暑くなったり、寒くなったり色々と大変ですよね。季節の変わり目、特にこういう気温や天候のアップダウンが激しいときに、風邪をひきやすかったり体調を崩しがちですよね。これは、主に「自律神経の働きが追い付かない」また、「自律神経をフルに働かせるためにエネルギー消費量が多い」ことに起因します。自律神経とは??『内臓全てを調節する神経』と考えてもらって大丈夫です。内臓は、心臓、消化管、血管、などなど全身にわたっていて、体温調節などもその働きによって行われます。しかし、あまりに変化が急だと、自律神経の働きだけでは、ついていけなく、また、神経の働きをフル回転させるため、エネルギーも多量に使用するため、体調を崩しやすいのです。夏場に熱中症が多いのはご理解いただけると思うのですが、意外と春から夏にかけてや夏から秋にかけての季節の変わり目にも熱中症のピークがきているんです。それはそのためです。専門用語でいうと、『暑熱順応』というのですが、これが追い付かないため、熱中症になってしまう。というわけです。この『暑熱順応』を促進するためには、自律神経を鍛えるとよくて、一番手っ取り早いのが、「汗をかく」習慣をつけるという事です。「しっかりとお風呂にはいる。」「適度に運動する」「過度に冷房を使用しない」などが大事ですね。ただ、最後の冷房に関しては、適切に使わないと、今の暑い日の暑さだと、結構な割合で熱中症になってしまいます。目安としては27-28℃を超えるようであれば、必ず使用するようにしましょう。また、暑い日が続く場合、冷房を一時的につけて、消して、またつけて、、、とするよりは、27-28℃の設定温度で、常につけておく方が、一般的には電力効率が良いと言われています。医学と関係ありませんが、多少豆知識として覚えておくと少しお得??かなぁ。ただ、使用の仕方次第では、必ずしもそうとは限らないので、厳密に計算したい場合は、調べてみるといいですね!最近では、電力会社さんのHPとかで電力の見積もりやお得な使い方の算出も出来たりするところも多いので、そういうのも利用してみると面白いですね。汗をかく、自律神経を鍛えるために、私はよく温泉(スーパー銭湯)にいきます。という名目で、ただ単に、お風呂やサウナが好きなだけなんですけどね!(笑)でも、やはりお風呂やサウナはとても効果的ですよ!!しっかりと水分をとって、汗もかいて、健康的に夏に向かって取り組んでいきましょう!ちなみに、春から夏、夏から秋の移行時期には、熱中症だけでなく、脳梗塞も増えます。それは暑熱順応が出来ないのと関連していて、血管の収縮と拡張が適切にできないために、血圧が変動しやすかったり、血流が悪くなったり、血栓ができやすくなったりします。なので、暑熱順応を改善することは、脳梗塞の予防にもつながるので、無理ない範囲で、汗をかく習慣をつけていきましょう!水分をきちんと確保することも忘れずに!今月は、22日(土)の午前中、25日(火)、29日(土)は、まだ新規の方の空きもございます。試してみたい方、迷ってらっしゃる方、遠慮なくご連絡いただき、当院でできるリハをご自身で体感して頂けたらと思います!お気軽にお問合せくださいね!!また、脳梗塞の後遺症以外のリハビリや、リハビリという枠に囚われずに、全体的なトレーニングのサポートも行っておりますので、そういうご相談も遠慮なくお申し付け下さい!脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間でした。最後までお読みいただきありがとうございました!!
お知らせ『緊張』と『弛緩』~メリハリの重要性と簡易トレーニング法~
こんにちは!茨城県つくば市のイーアスつくば内にある脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間です。皆様GWはいかがお過ごしですか?先月はオープン初月にも関わらず、非常に多くのお客様にご来店、ご成約頂き、また早い方はリピートまでしていただき、非常にありがたい限りです!そして、それだけ社会から必要とされている事だと改めて強く自覚しているところです。これからもよりよいサービスを提供し、同時に医学的なエビデンスを形成、発信していく。そのためにも皆様のご協力が必要です!今後ともどうぞよろしくお願い致します!!さて、今日は皆様に多少役に立つかな~という事をご紹介させて頂きます!GWに入られて、休みが取れた方は、リラックスされてますでしょうか?逆に離れた家族がきて普段より緊張している、という方もおられるかもしれませんね(笑)この緊張(ストレス)と弛緩(リラックス)というのは、どちらがいいとか悪いとかでは実はないのです。緊張と弛緩を交互に繰り返す事、そのバランスを取る事、それのメリハリをつける事。それらが非常に大事になります。リハビリでも非常に大事な概念で、脳梗塞の後遺症の方は、かなり多くの方が、筋肉の過緊張状態が続いていると思われます。これを医学用語では「痙縮」と表現したりします。この状態で筋トレとかをガンガン頑張ると、逆に筋肉の緊張が亢進して、余計に動かなくなる状況にもなりえてしまいます。この場合、適切に緊張を取る、弛緩させるトレーニングや処置が必要になってくるのですが、そこは結構難しい。実際、健康な人も、頑張ることはできても、なかなか意図的にリラックスする事って、案外難しくないですか?でもそこのアプローチ方法を身につけると、非常に改善が促進されます。日常生活でも、頑張る時と休む時のメリハリをしっかりつけられるようになると回復力が増し、その結果、力を出すべき時にしっかり出せる。そういう風になるのです。具体的にどうするか、というのは、リハビリになると個別性が非常に高いので、なかなかこの場で端的に、とは難しいのではありますが、逆に健康な人の場合なら簡単にご説明はできます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【緊張と弛緩のスイッチングトレーニング】①例えば、右手~腕に力を入れる。全力で握りこぶしを作り、肘を軽く曲げ、力こぶを目いっぱい作る。これを10秒ほど持続。②一気に力を抜く。その時、脱力した感覚を十分味わう。脱力がどういうものか、よくわかるはず。それを全身の各パーツでやってみる。最後は弛緩した状態で終わる。そうすると、すごく力が抜けた感覚が掴めると思います。この状態で眠りにつくとぐっすり眠れますよ!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーただ、脳梗塞後で緊張が普段から強い方が試すと、(健康な側の)力を入れる事で、(麻痺側の)緊張が強くなる事がよくあり、その解除は非常に難しいので、後遺症のある方は控えて下さいね。実際に後遺症で苦しんでいる方、特に筋肉の緊張が強く、そのせいで動きが上手くできずに苦しんでいる方は、是非、当院にまでご足労頂ければ幸いです。その際には、体験の方なら無料で出来る限りの事まで、ご契約の方にはより詳細で濃密な内容を、プログラムに組み込んでやらせて頂きます。当然ですが、弛緩だけでもダメです。力が抜けすぎてしまっては立ったり動いたりできませんからね。『緊張』と『弛緩』のバランス。それをバランスよくとり、メリハリをつけて、切り替える事。それがどんな人にとっても非常に大事な事だと思います。ご興味がある方は、是非お問い合わせから、お願いします!令和初の当店からのブログでした。ではまた!令和元年5月2日代表医師 小野間 優介
お知らせ脳梗塞メディカルリハOPEN!!
皆様、おはようございます!脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間優介です。私達は、『世界からリハビリ難民をなくしたい!』この想いで、この会社を立ち上げ、イーアスつくばから世界に昨日(平成31年4月1日)羽ばたき始めました!!この『世界からリハビリ難民をなくす』という大志を抱きつつ、リハビリや後遺症からの回復を模索している目の前の皆様と個別に親身に寄り添いながら、量でも質でも最高のリハビリを提供していきます。そして、皆様が脳梗塞などの後遺症に向き合い、そこから一歩でも前に進み、後遺症を克服し、生活を改善し、より自信をもて、自分を大好きになれる!それを見て周りの人も幸せになれる!そんな人たちが溢れるきっかけになる、そんなリハビリを提供していきたいと思っております!!まだまだオープン直後で至らぬ点が多々あるかと思いますが、ある程度の事は寛容な心で受け入れて頂き、また一方で、改善すべき事に関してはどんどんお伝え頂ければ幸いかと思います!!私達の会社について少しお話しておきますと、私達の会社は『M&メディカルリハ株式会社』が母体で、この「脳梗塞メディカルリハ」と同敷地内隣接の「筋膜メディカル整体院」の2つを掲げてスタートしました。「筋膜メディカル整体院」はご利用して下さった方ももうすでにおられるかもしれませんが、どこにいっても治らなかった腰痛や頭痛などを、「手術や薬を使わずに」治す事を目的とする整体院です。整体というとゴキゴキならすとかのイメージがあるかもしれませんが、そういうのは一切なく、また、かといって気持ちいいだけの施術とは違う、根本的に痛みの原因のアプローチしていく手法を採用している所です。もしそちらでお困りの方がおられましたら是非お気軽にお問い合わせください。一方で「脳梗塞メディカルリハ」の方ですが、こちらは、「自費で」「医師による監修の元」「理学療法士とマンツーマンで」「とことん」リハビリを行うための施設になります。「自費」というと皆様はご不安に思われる方多いかもしれませんね。ですが、保険が「使えない」のではなく、「使わない」という選択肢を取る事で、自由に(=必要なものを)時間も頻度も設定できるシステムにしたかったのです。皆様の中で、「もう少しリハビリができたらもっとよくなるのに・・・」「リハビリもっとやりたいけど、いつもいい所で終わりになってしまう」「自主トレも大事なのはわかるけど、もう少しマンツーマンでリハビリみてもらいたい」などの思いをしたことがあるのではないでしょうか?私も医師として、このような状況を沢山見てきました。そして何とかしたい!そういう思いでこの会社をスタートさせ始めたのです!「医師による監修」は、当面医師は私だけです(笑)。だから私が皆様のお体の改善の責任を持ちます!ただ私一人では十分な事はできませんので、担当の理学療法士を始めとした当院のスタッフと協働して、そして当然ですが、皆様自身や皆様のご家族にもご協力頂く事は多々ございます。それら全てを働かせて、必ず「脳梗塞があって大変だったけど、今幸せだ!」と言えるような未来に向かっていきます!そして少し現実的な話をすると、現時点では医師が自費リハビリサービスに介入するのは類を見ない、唯一無二のリハビリサービスだと自負しております!「理学療法士とマンツーマン」ですが、これは文字通りです。多くの病院だと、理学療法士が最初から最後まで自分につきっきりというのや、それどころか毎回決まった担当者がつく、という事もかなり少ないのではないでしょうか?当院では「完全担当制」「終始マンツーマン」です!そしてその高い質のリハビリを、「とことん」できるのも最大の魅力!1回のリハビリの時間も90分で、基本は週2回を設定しておりますが、ご希望次第ではいくらでも増やせます!週5回でも極論を言えば構わない訳です。ただ、もちろんその回数の上限に関しては私や担当理学療法士が皆様の体調を見させて頂いた上で安全を第一に判断はしますので、そちらも無理な事・危険な事はさせませんのでご安心ください。このようなリハビリサービス、保険医療機関を含めて見まわしても、他に類を見ないと思うのです。「自費で」やらないとできない事だった。だから自費でやろうという事になり、『自費だからこそできる十分なリハビリサービス』がここにあるのです。「自費=保険が使えないいかがわしいもの」ではなく、 『自費=保険を使わないで自由に質も量も高いものを組み込んでいける素晴らしいもの』という認識で私達は取り組んでいます。是非皆様もご理解・ご共感頂ければ幸いです!さて、長くなりましたので、今日はこのあたりで終わりたいと思います。最後に、医師である私が初回面談と最終面談をする事になっており、それが火曜日と土曜日にさせて頂いております。(詳細はHPご参照ください。)本日、脳梗塞メディカルリハ初回面談初日となっております!まだまだご予約空きがございます!!是非ご興味がある方がおられましたら、お気軽にお問い合わせください。脳梗塞メディカルリハ:029-846-0774私達と一緒に素敵な夢溢れる未来を作っていきましょう!!