私達のリハビリビジョン

「治したい」に応えたい医師・理学療法士・作業療法士が一丸となってリハビリを行います。
目標達成に向けて、一緒に改善を目指しましょう!

私たちは、脳梗塞の後遺症に苦しまれている方々が、再び「能力」を取り戻し、できる限り不自由のない生活を送れるようにご支援する存在です。
ご利用者、ご家族の方々と寄り添い、「あきらめないリハビリ」「改善に向けたリハビリ」を真摯にご提供いたします。

学療法士による施術

理学療法士(PT=Physical therapist)は、身体に障害、後遺症がある方に対して、基本的な日常動作(寝返る、起き上がる、立ちあがる、歩くなど)能力の回復や維持、増強をお手伝いする専門職となります。

リハビリは、運動療法(身体を動かすことによって、機能回復を目指す、また筋力や持久力の増強を図るなど)や物理療法(電気刺激、温熱療法など機械を用いて、痛みなどを軽減させるなど)などがあります。また住環境(お風呂場やトイレに手すりを付けるなど)のアドバイスも行います。
近年では、できるだけ早い時期からリハビリを行うことが大切だと言われており、心電図や酸素、点滴を付けた状態でも、ベット上で理学療法を行っています。

理学療法士は、医療・福祉分野だけではありません。最近ではアマ・プロの野球選手、サッカー選手などと個別契約をし、選手のパフォーマンスを向上させるためにスポーツトレーナーではなく、理学療法士が専属で就いています。日本での理学療法士は、まだまだ認知度が低く、高く評価されていませんが、世界では重要な職種として重宝されています。
また病院や施設だけでなく、訪問リハビリテーションにも活躍の場が広がっています。

業療法士による施術

作業療法士(OT:Occupational therapist)は、心身に障害、後遺症を持つ方が日常生活や社会生活をより良く送れるようにサポートする専門職です。

作業療法士のリハビリは、関節可動域や筋力増強訓練だけでなく、楽しく身体を動かすレクレーションや、軽作業などを通して心身の状態を改善・向上させ、回復を目指していきます。

理学療法士は「起き上がる」「歩く」などの基本的な動作、また大まかな動きを専門としますが、作業療法士は基本的な動作だけではなく応用動作(食事をする、顔を洗う、文字を書く、趣味のための動作など)、細かい動作や作業が中心となります。さらに、社会・職場復帰のための訓練や精神的なケアも一緒にサポートいたします。
作業療法士の活躍の場は、理学療法士よりも幅広く、病院はもちろんのこと、保健・福祉関係、教育機関など多岐にわたります。
また作業療法士は、趣味ややりがいを持てるようなサポートも行います。やりたいことが増えて、やりたいことができるようになると、日々の活力になります。作業療法士は、ご利用者さまの生きがいを一緒に探してくれます。 作業療法士は、リハビリテーションの現場に欠かせない職業の一つです。

医師の推薦

小野間 優介
M&メディカルリハ取締役医師

医療法人社団健正会 茎崎アオイ病院/総合診療科

現在、医療の進歩によって、多くの病気が「死なない」病気へと変貌しました。しかし、それは同時に後遺症との戦いが氾濫する事に繋がりました。超高齢化と相まって、それに費やす医療費・介護費も増大し、2018年の医療費は42.2兆円、介護保険も含めて医療全体に掛かるお金は国の歳出の約25%と1/4を占めているのが現状です。そのため国は、少しでも医療保険を削る方策を取らざるを得ない状況です。一方で医学知識は73日(約2か月ちょっと!)で2倍に増える時代であり、もはや最新の知見や技術を保険医療でカバーしきるのは経済的にも時間的にも不可能な状況に陥っています。

リスクを負えない国庫財政から考えれば当然なのですが、しかしこれでは最新の医療技術がいつまでも日本の医療現場に提供されない事態が起こりえます。ここで自費医療が重要になるのです。自費医療が成功したケースをモデルケースにし、それを医療保険に導入する。その流れが必要なのです。
つまり、自費医療を充実させる事は、長期的には保険医療も充実させる事へと繋がります。
今後自費医療サービスの拡充は、日本においては必須問題なのです。

また、リハビリは「意欲」と「環境」を整える事が成功への最大要因でありますが、保険で出来ることはかなり限定されています。つまり、量・質ともに十分なリハビリをするには『自費でやるしかない!!』のです。

我々M&メディカルリハは、医師である私だけでなく、きちんとした国家資格である理学療法士・作業療法士・時に言語聴覚士の資格を持ってトレーニングを積んだ者たちと協働し、そこに加えて按摩/鍼灸師師や柔道整復師などの力も併せて、世界最高水準のリハビリプログラムを提供していきます。そして、それが継続・発展可能となるよう、教育プログラムを整備し、社内外へと展開していく。加えて、それらの活動で得られた結果・成果をまとめて、各種学会や一般社会に積極的に発信していく。もはや、一リハビリサービス会社に留まらない。

自費医療を充実させ、ひいては保険医療も充実させ、多くの人によりよい医療サービスを提供し、健康で夢を持てる社会を実現する。
『夢溢れる未来への貢献』
これを貫き通す事が我々のミッションであり、それが実現できる事だと『医師としても』『個人としても』確信しております。

宮川 俊平
筑波大学医師

運動器の障害のリハビリテーションは継続が大事です。障害発生後復帰に向けたリハビリテーションが始まりますが、退院後においても入院中に行っていたリハビリテーションによって回復した運動機能を維持あるいは向上させていくためにはリハビリテーションを続けていく必要があります。

退院されるとリハビリテーションに十分な時間がとれないことが多いと思いますが、このようなプログラムを提供することによって病院で回復した運動機能をさらに向上させ可能性を持っているのがこの施設の機能かと思います。

松田 現
理学療法士 教育学修士

国際PNF協会認定アドバンスインストラクター

医療保険、介護保険の制限により、対象となる方のニーズが叶えられていないケースをよく見受けます。
そういったケースでも、“自費サービス”を選択することで、時間の制限もなく対象となる方が納得いくまで頑張ることが可能となります。
その“自費サービス”を提供する民間のリハビリサービスが少しずつ増えていく中で、懸念されることはリハビリ内容やその提供レベルの質の問題と考えます。
この施設では、“自費サービス”を選択して良かったというリハビリを受けた方の満足度を考慮した取り組みをしています。
その取り組みを応援していきたいと思っています。

リハビリ効果を最大化する存在 ~脳・神経へのアプローチ~

「思うように動かない」が脳への負担

人の身体は脳からの信号で動きますが、病気によって脳の働きが一部でも低下すると負担が大きくなり、脳が疲れる状態になります。
もちろん筋力や体力をつけることも大事ですが、脳に負担をかけない方法で体を動かすことを学ぶことが大切です。
歩く距離が伸び、外出や旅行もしやすくなった方もおります。
「(まひした)身体に電気を流しても平気なの?」「機械ならどこでもあるし」と思う方もいるかもしれませんが、当施設では専門家が監修して行いますので効果に自信を持っています。

リハビリ+専用機器で体の内・外からアプローチ

脳に負担をかけず、身体を動かすために必要なことは、専門家によるリハビリ+専用機器による体の内・外からのアプローチだと考えています。
脳からの途切れた指令を電気機器(低周波治療器 HVMCデルタに飛ぶ)で代替し、ニューステップ(ニューステップの製品紹介に飛ぶ)で脳以下の脊髄で動きを学び、自動化することで「疲れないで動かす」ことを目指します。
そして、専門家によるリハビリもより効果的に行うためスリングセラピーベッド(スリングセラピーベッドの製品紹介に飛ぶ)を導入しています。
「まひした身体を楽に動かし、疲れにくい身体へなっていただく」が私達の思いです。効果を実感したい方、ぜひ一度ご体験ください。

お約束

医師が監修し、リハビリの専門職である理学療法士・作業療法士が提供していきますが、お身体の体調などによって負荷が異なるため、事前にお伝えください。
受けていただく時の最適な状態にセッティングしてご提供させていただきます。

リハビリ効果を高めるトレーニング機器

電気刺激、有酸素運動、荷重調整を
リハビリと組み合わせることで効果を最大化していきます。

HVMCデルタ(複合電気治療器)

身体を動かすのは脳から筋肉への電気刺激です。
リハビリと併用することで脳と筋肉のはたらきを活性化します。

【HVハイボルテージ】

ハイボルテージとは、痛みに対し疼痛抑制効果が高く期待出来る事から近年、医療機関やスポーツ業界などに多く利用されるようになってきました。
特殊な電気波形により皮膚抵抗(インピーダンス)を無くし、電気独特の痛みが少なくHVの電気刺激を浅層部から深層部まで到出来ます。その為、疼痛の軽減や血流量の増大、皮膚症瘍の治癒促進などに利用します。
また、NEMSモード(神経筋電気刺激)を使う事により、脳卒中片麻痺など痙性制御や運動の改善、浮腫の改善、筋力増強に効果が期待できます。麻痺や不動による循環低下に対しては、2チャンネルの電極を屈曲と伸展に配置して交互通電し、筋ポンプ作用により改善を図る事が可能です。

【MCマイクロカレント】

マイクロカレントとは生体内に微弱な電流を通電させ、組織損傷の治癒促進や細胞レベルでの代謝、活性化を促す事が可能です。神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減や炎症の抑制などが期待できます。また、四肢に微弱電流を流す事でホメオスタシス(生体恒常性)を調整し、全身の細胞活性化促す新しい治療方法です。

  • 疼痛の軽減 血流量の増大
    皮膚症瘍の治癒促進
  • 運動・浮腫の改善 筋力増強
  • 筋肉痛の軽減 炎症の抑制
  • 全身の細胞活性化

スリングセラピー

『第三の手』として治療部位の支持をスリングが行うことにより、施術者の両手が塞がることがないため運動のバリュエーションを増やすことができます。

通常ポジションを保つために筋力を必要とする「関節が緩む肢位(ルーズパックポジション)」もつくりやすく、スリングにより筋・靭帯どちらも緩んでいる状態を維持できるため、的確な位置でアプローチしやすくなります。
また、電気刺激やストレッチなど、組み合わせることで相乗的な効果が期待できます。

  • 第三の手
  • 安心
  • 緊張緩和
  • 自重コントロール

ニューステップ

全身の有酸素運動と無酸素運動が極めて安全に行える訓練器です。低負荷・長時間の全身運動から、高負荷での短時間運動まで対応しています。

アメリカでは著名な総合病院やリハビリテーション施設でも多数使用されています。回転式のシートでどなたでも容易に乗り降りが可能です。運動中は心拍数・歩行速度・消費カロリー・歩数・運動負荷・運動時間・等、多彩なデータが表示されますので、モチベーションも向上されますしより安全で効果的な運動が行えます。

  • まひ対応
  • 有酸素運動
  • 無酸素運動
  • 全年齢対応
おすすめ記事
脳梗塞の豆知識脳梗塞リハビリでの運動でよくある間違い!
皆様こんにちは!脳梗塞やパーキンソン病等でリハビリをされている皆様。よく病院等でこんなことを言われませんか?「もっとたくさん運動しましょう。」「毎日運動してください。」「いっぱい歩いてください」これらは間違っているわけではありませんが、運動のやり方を間違えるとせっかくの努力がむしろ逆効果になってしまうのです。脳梗塞等のリハビリで重要となるのは、「運動学習」です。運動学習とは"正しい"運動や動作を繰り返し行い、その動作パターンを脳が覚えていく(学習)ことです。 “正しい運動” ここが重要です!正しい運動(効率的な運動)を繰り返し行うことで良い動作を覚えることができ、歩きや動作が改善していきます。やみくもにトレーニングしたりたくさん歩いても悪い運動を学習してしまい(悪いクセがつく)むしろ動きが悪くなる可能性もあります。 しかし、一口に正しい運動といっても人の動作は同じ動作を繰り返しても、同じように見えてその都度微妙に違います。「反復なき反復」という言葉があり、一回一回適した可動域や強度、方向、刺激量、タイミング等、熟練のセラピストによる微調整を行い運動学習を的確に促していきます。 では効率的な運動を習得するまでにどれくらい繰り返せば良いのか?研究によりやや差がありますが、数万回~数十万回の繰り返しが必要と言われています。それも正しい運動でこの回数です。ですが脳梗塞等のリハビリは日常生活動作のリハビリが中心となりますので、一日に数十回から数百回繰り返す動作もありますよね。歩行でいえば多い人は一日に五千歩~一万歩歩く片もいらっしゃると思います。これを悪い動作で繰り返すとあっという間に悪いクセがついてしまうので専門家による効率的な動作へ導いてもらうことが大変重要となるのです。そして当院ではアメリカ発祥の「PNF」という脳神経を活性化させて運動学習を促し動きを改善していく手技の国際認定を持ったセラピストが刺激を入れたり専用器具を有効活用しながら正しい運動を上の画像のように繰り返し行っていきます。このようなリハビリが体験できる無料体験(90分)も行っておりますのでお気軽にお電話、お問い合わせしていただき是非体験してみてください!無料です!!その場で身体の変化を感じていただけると思います!見学だけでも構いません!見学しながら気になることがあればご説明致します。皆様の希望を叶えられるリハビリがここにあります!皆様のご来院心よりお待ちしております。  
リハビリPNFとは?
皆様こんにちは。本日は当社が主に用いている治療概念・方法である「PNF」について簡単にご説明します。PNFは「Proprioceptive Neuromuscular Facilitation」の頭文字を取った名称で、日本語で「固有受容性神経筋促通(法)」と言います。1940年代のアメリカにて神経生理学者のkabat医師(写真右)や理学療法士のknott(写真左)らにより神経麻痺への治療を目的に神経生理学的原理を基に開発されたリハビリの概念・手技です。人の身体には至る所に感覚受容器(センサー)が存在し、そのセンサーから様々な情報(五感を始め、重力や平衡感覚、痛みや温度等)を脳と連絡を取り合い運動を可能にしています。しかし何らかの原因で脳神経系にダメージが残ると、この脳とセンサーとの連絡がうまくいかなくなり自分の手足が動きにくくなったり、どこにあるのかわからなくなったりします(他人の手足のように感じる)。しかしこのPNFという概念・手技により、センサーに直接刺激を入れることで“脳ー神経ー筋”の繋がりを活性化させ連絡をスムーズにして身体を動かしやすくしていきます。ただの“運動”“トレーニング”ではなく脳・神経に刺激を与える“脳神経トレーニング”です。このPNFはその理論からリハビリ業界だけでなくスポーツ業界でも多く取り入れられ、誰もが知るトップアスリートも取り入れております。メジャーリーガーやプロ野球、Jリーガー、女子トッププロテニス選手(世界ランカー)、女子トッププロ卓球選手(世界ランカー)、女子トップフィギュアスケート選手(世界ランカー)横綱、プロ格闘技選手、陸上選手(箱根駅伝選手)、などなど多岐にわたります。なぜこれだけ様々な分野に取り入れられているかは上記の“脳神経トレーニング”という理由と、決まった型がないため、どんな動作や分野にも対応可能ということです。寝返る、立ち上がる、歩くといった生活レベルのリハビリからトップアスリートのパフォーマンスを上げるトレーニング、子供の発達を促す施術、まさに老若男女、生活からスポーツまで“全て”です。そして当社この「PNF」の国際PNF協会(IPNFA®)認定コースを全スタッフが修了しております。「今までリハビリを続けていたけど中々改善しない」「ありきたりなマッサージやストレッチだけでなくしっかり効果的なトレーニングをしたい」「少し改善したが更なる改善を目指したい」「テレビ等で脳の活性化が大事なことはよく聞くが実際どうしたらいいかわからない」上記のようなお悩みやご相談がありましたらいつでもお気軽にご連絡・ご来院ください。今なら90分の体験施術が“無料”でご提供しております!是非PNFをご体感ください。その場で変化を感じられます。スタッフ一同ご連絡・ご来院心よりお待ちしております。
お知らせ院長紹介
こんにちは、脳梗塞メディカルリハイーアスつくば店の院長の市川純士です!8月1日から院長となりましたが、遅ればせながら自己紹介をさせて頂きます。◎資格・理学療法士・国際PNF協会basiccourse Level1+2・EmpathyTherapy basiccourse修了・音楽健康指導士準2級・福祉住環境コーディネーター2級◎PTになったきっかけやエピソード高校時代に部活で怪我をしたことをきっかけに、患者に寄り添う理学療法士という職業に魅力を感じ、資格を取得しました。◎これまでの経験、自費の職場に来たきっかけ急性期病院、老人保健施設を経て感じていたことは、「もっと患者さんのベストを尽くしたい!そのために、もう少し長い時間みることができれば・・・」でした。現在の医療保険や介護保険の制度では対応しきれない問題も生じてきており見直しが行われているのが現状です。これらによって、病院では入院日数が短縮され、治療が終わっても実際に自宅に帰るとなると様々な生活での支障を来している患者様が多く、それでも退院せざるを得ないのが現実でした。そして、老人保健施設ではリハビリも1人を担当する時間が極端に限られており、一人一人診る時間が少なく、介護保険内では現在の身体機能の維持や予防を目的とした集団でのリハビリが主でした。大きい括りで言えばリハビリですが、訓練として行うというより一連の作業の中で進めているという実態が自分の中でどうしても受け入れることが出来ませんでした。限られた時間の中で良くすることができないのは自分の力不足と言われてしまえばその通りだと思います。そのため結果を出すことを目指して、日々治療技術を磨いておりましたが、それでも「改善」を患者様・利用者様と向き合っていく中で、どうしてもよく出来ない方が一定数出てしまっていました。私の現状でのベストは「90分かけて詳細にお客様の身体を診させて頂き、施術を行うこと」です。だからこそ、自分のベストを尽くすためには、保険内で提供できなかった「量と質」のリハビリをお客様のニーズに合わせて提供できる自費リハビリという場所でやるしかない!と思いました。◎利用者様への想い「生活はできるけど、日常活動に支障を来す人」は非常に多く、病院やクリニックなど保険が使える分野とは異なった視点で身体を診なければならない場合があると思います。そしてそれは、お客様の悩みを解決することができる重要な手段だと思います。自費リハビリは保険内で定める時間や期限等の制限がなく、お客様が納得いくまで続けていくことも可能です。また、自費リハビリだからこそ保険内で提供できなかった「量と質」のリハビリをお客様のニーズに合わせて提供できると考えます。リハビリを受けて頂いて、他とはまた違ったアプローチで今までの悩みが減り、希望を与え、またそれを叶えていくことも可能であると考えます。私達スタッフもお客様のより良い人生を提供するため、常にスタッフ同士で話し合い、練習にも取り組んでいます。この職場には心強いスタッフがいるからこそ常に良い緊張感をもって成長できる場所であることは間違いないと思います。何よりも「変わった!」と感情が表情に表れ喜んで頂けた時のお客様の反応が、この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。夢溢れる未来を一緒に目指していきましょう!
改善事例【改善事例&利用者様の声】脳梗塞右片麻痺で足指の握り込みがリハビリで軽減した60歳代女性
PT(理学療法士)の市川です。リハビリを担当したご利用者様から感謝の声を頂きました。今回、右側の手足の筋緊張が強く、特に足の指先が強く握ったまま伸びなくなってしまい、立ち座りや歩きといった動作場面で床に指先が引っかかりやすく歩きにくいという訴えがありました。脳卒中の特徴的な症状として、意志とは関係なく、手足の筋肉が突っ張ったり、筋の緊張が強くなってしまう影響で、歩きにくさを訴える方は多く、当院のお客様でも良く聞く悩みの一つです。足首や指先に力が入ることで足の裏の接地が安定せず、その不安定性から身体を支えきれずにバランスを崩してしまったり、また、その恐怖心からもさらに握り込む力が助長されてしまうこともあります。リハビリではまずは足の裏全体で体重が分散し接地できるようにするため『感覚アプローチ』を重点的に実施させて頂きました。足の裏には、感覚情報を集めて脳に情報を送るためのセンサーが非常に多く存在していると言われています。そのため、『裸足』の方が刺激も入りやすく部分的に感覚入力を促しやすいため「どの部分が触れられているのか?」、「どの部分が動いているのか?」などひとつひとつ丁寧に確認し意識させることで座っている時や立っている時には、刺激が入った部分に対して、感覚が残っている状態で動作訓練させて頂くと次回以降に変化が出るようになりました!右足の踏み込む際の足指の握り込みが軽減されるようになってきました。また、普段でもイメージがついたおかげで足首を上げるコツも上達してきました!足首だけを上に持ち上げることはなかなか難しいと仰られていたお客様も「これなら自主練できる!」ととても嬉しそうに答えており、私達スタッフもまだまだご希望応えたい一心でサポートさせて頂きたいと思っております!引き続き、リハビリを頑張ってまいります!!