ご家族の皆様へ

脳卒中やさまざまな病気によって後遺症が残ってしまうことは、ご本人さま同様ご家族の方も非常に悲痛かと思います。最近では、脳卒中の初期症状を見逃すことなく病院を受診される方が多く、以前ならば助からなかった命も今は助かるようになりました。
しかし同時に後遺症と向き合いながら生活している方々が増えているのも現状です。
当施設ではご家族の方に対しても、役立てる情報を提供し、少しでもサポートできればと考えております。

長く継続してリハビリを続けていくために

脳卒中という病気は、寝たきりになってしまう原因の一つで、片麻痺や感覚障害などの後遺症が残ることがあり、再発しやすいといわれています。一命をとりとめても、介護が必要となることがほとんどです。

脳卒中による片麻痺、感覚障害などの後遺症、肩や腰、膝の痛みなどの諸症状を和らげるためには、継続してリハビリを続けることが大切です。リハビリを継続することで、自分でできることが増え、よりよい生活を送ることができます。

ストレスを抱えないように
専門家に頼ってください

退院時、病院の医師からさまざまな指導をされます。またリハビリでも、ご家族の方へ適切な介助方法を指導されたかもしれません。
しかし、退院時の身体の状態と現在の身体の状態は異なることが多いため、退院時の運動・介助方法が今の状態に合っているとは限りません。状態に合っていない運動・介助方法では、改善するものも改善しません。
また、病院で行っていたようなリハビリを介護サービス・介護施設で求めても困難な場合が多いため、ご利用者さま自身にとても大きなストレスや不信感を抱かせてしまうことがあります。
ご本人さまやご家族さまだけでこの問題に悩んでいても解決しません。ぜひ、私たち専門家にご相談ください。

やりたいことを諦めないでください

リハビリはご本人さまのモチベーションがとても重要となります。モチベーションを維持するためには「目標」をしっかり持ち、目標を達成したら「こうしたい」というビジョンを明確に持つことが大切です。

しかし、痛みが続いたり、思うように改善しなかったりすると、ご本人さまのモチベーションは低下し、「リハビリに行くのが億劫」と嘆かれることがあります。脳梗塞メディカルリハは予約制です。心身の状態によって、時間や日付をずらすことが可能です。ご本人さまの身体のリハビリだけでなく、モチベーションも一緒にサポートしていきます。

リハビリに対するモチベーション維持のために

短期間での目標達成

以前できていた動作ができなくなるという精神的ストレスを解消させるには、短期間での改善・結果を出していくことが大切です。改善に向けたリハビリの目標を一緒に設定し、目標を達成していくことがモチベーションUPへと繋がります。 脳梗塞メディカルリハでは目標達成に向けた「リハビリプラン」を専門スタッフが丁寧に作成していきます。

改善する喜び

一度のリハビリで大きな変化がでなくても、心配することはありません。改善は「継続」することで実感できるのです。コツコツとリハビリを重ねることで小さな一歩が大きな一歩へと変わります。
脳梗塞メディカルリハでは、毎回リハビリ前後の変化を細かく分析いたします。ご自身の変化を目で身体で体感してください。

継続したくなる気持ち

明確な目標設定があること、目標を達成する!という気持ち。これがリハビリを継続させるモチベーションへと繋がります。
このモチベーションを維持、向上していくということは、決して容易なことではありません。目に見える改善が出ない場合、リハビリに対して消極的になってしまいます。しかしこれは誰にでも起こることです。今日は行きたくない・・・そのような時は、無理に行く必要はありません。他の日に変更していただいて構いません。継続してリハビリが行えるように、ご本人さまのペースに沿って行っていくことが大事だと考えております。

おすすめ記事
改善事例手が痛い・開かないといったお悩みの方へ
こういった不安な要素があるかと思います。からだは正直です。少しでも「できない」「痛い」といった不安要素が増えるだけでからだの緊張が強まってしまいます。これからお伝えさせて頂く内容は、今後の指先の曲がってきてしまう緊張を減らす手段の一つとして理解して頂ければと思います。ここで大切なのは、「正しい感覚を与え続けていくこと」です。それに対して脳からも「適切な運動」へと変化させていきます。そのためには、①感覚(触られた・押された・引っ張られた等)②姿勢コントロール(右や左や傾いていたりしていないか?)③運動のイメージ(いまからこの動きをする!) というような適切な運動をコントロールするために必要な要素があります。なので、ゆびさきを頑張って伸ばそう、伸ばそうとすると、却って緊張が高まってしまうということが起きてしまうんです!普段、私達も何か物を取るとき等で「指先を頑張って伸ばそう!」とは考えませんよね?そこに物があるから「それを取ろう」とするまでです。ですが、現時点では指を頑張って伸ばそうとする別の運動神経を使ってしまっていると考えられます。これが緊張を高めてしまっている原因だと考えます。普段と違う脳の働きをしてしまっているんです。よく「指を握ったり、開いたりする練習をたくさんしているんだ」という話を他のお客様からも聞いたりします。ですが、それはもしかすると、必要以上に指を握るという筋肉を使いすぎてしまい、それが筋肉の硬さを助長させてしまったゆえ、逆に開きにくくなってしまうといったケースもあります…必要なのは、ゆびさきが力みなく伸ばせることです。一度指先から意識が離れると、ふと力が抜けている瞬間があります。どういう時か?というと、先ほど述べたように、目の前にあるモノを取りにいこうとした時です。その瞬間、意識が「モノ」へと変わっていますので、その瞬間に脳が「モノ」を取ろうとする一連の動きを作っているんです。ですが、ゆびさきの意識が離れることができたとしても、今度は②姿勢のコントロールが必要になってきます。姿勢のコントロールというのは、ゆびさきが十分に力みなく伸ばせるためには手首の関節が安定していることが必要になります。また、その手首の安定性をつくっているのはひじ関節です。そして肩関節、肩甲骨、体幹といった「幹」となる部分がしっかりしているからこそ、遠い部分での運動がコントロールしやすくなると言われています。今まで必要以上に使用しなくなってしまった筋肉は動かさないでいた期間がある分、衰えてしまっています。(一週間でも動かさないでいると、筋肉は15%以上も落ちてしまうと言われています)そのため、1回、2回の運動で筋力が元の状態に戻っていくためにはある程度の期間が必要になりますが、筋力を発揮させる力は1回のトレーニングでも効果があります!こういったトレーニングの積み重ねにより、色々な刺激が、神経を通して脳に伝われ、運動といった反応に変えていき、機能改善を図っていきます。脳が運動へと変える命令がしやすくなると、あとはその訓練の繰り返しが必要になります。それにより、運動機能が改善されていき、また運動に伴う痛み(肩まわり)も軽減されていきます。そのため、日々の自主トレーニングの課題が難しすぎてもダメだし、簡単にしすぎても効果がうすくなってしまうです。量と質という部分になります。当院の自主トレーニングの部分は、「ちょっと頑張ったらできるかも!」というところを追求していきます!多少、意識する部分がありますが、だからこそ、頑張って取り組んでいただければと思っております!ご相談や無料体験も行っておりますので、ぜひ気軽にお問い合わせ下さい!
お知らせコロナウィルス感染予防対策について
脳梗塞メディカルリハイーアスつくば本店では、来院される皆様に安心して施術を受けていただくために以下のコロナウィルス感染予防対策を行っております。・4月20日~5月6日まで、一部スタッフの休業による「三密(さんみつ)」を避ける取り組みを開始いたします。以下これまで同様に、「密閉 密集 密接」を回避し、安心して施術をお受けいただけるよう工夫してまいります。・全スタッフの手洗いうがい徹底施術者含む全スタッフは出勤時、外出後は丁寧に手洗いうがいを実施しております。・全スタッフの体調管理毎朝検温を実施し、発熱などの症状がある場合は出勤を禁止しております。・施術前後の手洗い患者様1人1人の施術の前後には、必ず手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つように心がけております。・施術環境の衛生管理を徹底患者様が使用した後の施術ベッドのアルコール消毒を以前よりさらに徹底。うつ伏せの際には、お1人ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しています。・院内環境の衛生管理を徹底空気清浄機・加湿器を設置し常に運転させて、一定の湿度を保つようにしています。定期的に院内の換気を行っております。患者様やスタッフが手を触れる所(待合室のソファ、ドアノブ、トイレの取手、スリッパ、キッズコーナや玩具)など、こまめにアルコール消毒を行っています。患者様へお願い・発熱等(37.5度以上)の症状が見られる場合は、無理をされず日程変更など遠慮なくご連絡下さい。今後も引き続き、日々変わっていく状況を確認し、対応してまいります。患者様の安全安心と健康を考え、コロナ感染防止に努めていく所存です。何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。脳梗塞メディカルリハイーアスつくば本店スタッフ一同