ご家族の皆様へ

脳卒中やさまざまな病気によって後遺症が残ってしまうことは、ご本人さま同様ご家族の方も非常に悲痛かと思います。最近では、脳卒中の初期症状を見逃すことなく病院を受診される方が多く、以前ならば助からなかった命も今は助かるようになりました。
しかし同時に後遺症と向き合いながら生活している方々が増えているのも現状です。
当施設ではご家族の方に対しても、役立てる情報を提供し、少しでもサポートできればと考えております。

長く継続してリハビリを続けていくために

脳卒中という病気は、寝たきりになってしまう原因の一つで、片麻痺や感覚障害などの後遺症が残ることがあり、再発しやすいといわれています。一命をとりとめても、介護が必要となることがほとんどです。

脳卒中による片麻痺、感覚障害などの後遺症、肩や腰、膝の痛みなどの諸症状を和らげるためには、継続してリハビリを続けることが大切です。リハビリを継続することで、自分でできることが増え、よりよい生活を送ることができます。

ストレスを抱えないように
専門家に頼ってください

退院時、病院の医師からさまざまな指導をされます。またリハビリでも、ご家族の方へ適切な介助方法を指導されたかもしれません。
しかし、退院時の身体の状態と現在の身体の状態は異なることが多いため、退院時の運動・介助方法が今の状態に合っているとは限りません。状態に合っていない運動・介助方法では、改善するものも改善しません。
また、病院で行っていたようなリハビリを介護サービス・介護施設で求めても困難な場合が多いため、ご利用者さま自身にとても大きなストレスや不信感を抱かせてしまうことがあります。
ご本人さまやご家族さまだけでこの問題に悩んでいても解決しません。ぜひ、私たち専門家にご相談ください。

やりたいことを諦めないでください

リハビリはご本人さまのモチベーションがとても重要となります。モチベーションを維持するためには「目標」をしっかり持ち、目標を達成したら「こうしたい」というビジョンを明確に持つことが大切です。

しかし、痛みが続いたり、思うように改善しなかったりすると、ご本人さまのモチベーションは低下し、「リハビリに行くのが億劫」と嘆かれることがあります。脳梗塞メディカルリハは予約制です。心身の状態によって、時間や日付をずらすことが可能です。ご本人さまの身体のリハビリだけでなく、モチベーションも一緒にサポートしていきます。

リハビリに対するモチベーション維持のために

短期間での目標達成

以前できていた動作ができなくなるという精神的ストレスを解消させるには、短期間での改善・結果を出していくことが大切です。改善に向けたリハビリの目標を一緒に設定し、目標を達成していくことがモチベーションUPへと繋がります。 脳梗塞メディカルリハでは目標達成に向けた「リハビリプラン」を専門スタッフが丁寧に作成していきます。

改善する喜び

一度のリハビリで大きな変化がでなくても、心配することはありません。改善は「継続」することで実感できるのです。コツコツとリハビリを重ねることで小さな一歩が大きな一歩へと変わります。
脳梗塞メディカルリハでは、毎回リハビリ前後の変化を細かく分析いたします。ご自身の変化を目で身体で体感してください。

継続したくなる気持ち

明確な目標設定があること、目標を達成する!という気持ち。これがリハビリを継続させるモチベーションへと繋がります。
このモチベーションを維持、向上していくということは、決して容易なことではありません。目に見える改善が出ない場合、リハビリに対して消極的になってしまいます。しかしこれは誰にでも起こることです。今日は行きたくない・・・そのような時は、無理に行く必要はありません。他の日に変更していただいて構いません。継続してリハビリが行えるように、ご本人さまのペースに沿って行っていくことが大事だと考えております。

おすすめ記事
脳梗塞の豆知識脳梗塞リハビリでの運動でよくある間違い!
皆様こんにちは!脳梗塞やパーキンソン病等でリハビリをされている皆様。よく病院等でこんなことを言われませんか?「もっとたくさん運動しましょう。」「毎日運動してください。」「いっぱい歩いてください」これらは間違っているわけではありませんが、運動のやり方を間違えるとせっかくの努力がむしろ逆効果になってしまうのです。脳梗塞等のリハビリで重要となるのは、「運動学習」です。運動学習とは"正しい"運動や動作を繰り返し行い、その動作パターンを脳が覚えていく(学習)ことです。 “正しい運動” ここが重要です!正しい運動(効率的な運動)を繰り返し行うことで良い動作を覚えることができ、歩きや動作が改善していきます。やみくもにトレーニングしたりたくさん歩いても悪い運動を学習してしまい(悪いクセがつく)むしろ動きが悪くなる可能性もあります。 しかし、一口に正しい運動といっても人の動作は同じ動作を繰り返しても、同じように見えてその都度微妙に違います。「反復なき反復」という言葉があり、一回一回適した可動域や強度、方向、刺激量、タイミング等、熟練のセラピストによる微調整を行い運動学習を的確に促していきます。 では効率的な運動を習得するまでにどれくらい繰り返せば良いのか?研究によりやや差がありますが、数万回~数十万回の繰り返しが必要と言われています。それも正しい運動でこの回数です。ですが脳梗塞等のリハビリは日常生活動作のリハビリが中心となりますので、一日に数十回から数百回繰り返す動作もありますよね。歩行でいえば多い人は一日に五千歩~一万歩歩く片もいらっしゃると思います。これを悪い動作で繰り返すとあっという間に悪いクセがついてしまうので専門家による効率的な動作へ導いてもらうことが大変重要となるのです。そして当院ではアメリカ発祥の「PNF」という脳神経を活性化させて運動学習を促し動きを改善していく手技の国際認定を持ったセラピストが刺激を入れたり専用器具を有効活用しながら正しい運動を上の画像のように繰り返し行っていきます。このようなリハビリが体験できる無料体験(90分)も行っておりますのでお気軽にお電話、お問い合わせしていただき是非体験してみてください!無料です!!その場で身体の変化を感じていただけると思います!見学だけでも構いません!見学しながら気になることがあればご説明致します。皆様の希望を叶えられるリハビリがここにあります!皆様のご来院心よりお待ちしております。  
リハビリPNFとは?
皆様こんにちは。本日は当社が主に用いている治療概念・方法である「PNF」について簡単にご説明します。PNFは「Proprioceptive Neuromuscular Facilitation」の頭文字を取った名称で、日本語で「固有受容性神経筋促通(法)」と言います。1940年代のアメリカにて神経生理学者のkabat医師(写真右)や理学療法士のknott(写真左)らにより神経麻痺への治療を目的に神経生理学的原理を基に開発されたリハビリの概念・手技です。人の身体には至る所に感覚受容器(センサー)が存在し、そのセンサーから様々な情報(五感を始め、重力や平衡感覚、痛みや温度等)を脳と連絡を取り合い運動を可能にしています。しかし何らかの原因で脳神経系にダメージが残ると、この脳とセンサーとの連絡がうまくいかなくなり自分の手足が動きにくくなったり、どこにあるのかわからなくなったりします(他人の手足のように感じる)。しかしこのPNFという概念・手技により、センサーに直接刺激を入れることで“脳ー神経ー筋”の繋がりを活性化させ連絡をスムーズにして身体を動かしやすくしていきます。ただの“運動”“トレーニング”ではなく脳・神経に刺激を与える“脳神経トレーニング”です。このPNFはその理論からリハビリ業界だけでなくスポーツ業界でも多く取り入れられ、誰もが知るトップアスリートも取り入れております。メジャーリーガーやプロ野球、Jリーガー、女子トッププロテニス選手(世界ランカー)、女子トッププロ卓球選手(世界ランカー)、女子トップフィギュアスケート選手(世界ランカー)横綱、プロ格闘技選手、陸上選手(箱根駅伝選手)、などなど多岐にわたります。なぜこれだけ様々な分野に取り入れられているかは上記の“脳神経トレーニング”という理由と、決まった型がないため、どんな動作や分野にも対応可能ということです。寝返る、立ち上がる、歩くといった生活レベルのリハビリからトップアスリートのパフォーマンスを上げるトレーニング、子供の発達を促す施術、まさに老若男女、生活からスポーツまで“全て”です。そして当社この「PNF」の国際PNF協会(IPNFA®)認定コースを全スタッフが修了しております。「今までリハビリを続けていたけど中々改善しない」「ありきたりなマッサージやストレッチだけでなくしっかり効果的なトレーニングをしたい」「少し改善したが更なる改善を目指したい」「テレビ等で脳の活性化が大事なことはよく聞くが実際どうしたらいいかわからない」上記のようなお悩みやご相談がありましたらいつでもお気軽にご連絡・ご来院ください。今なら90分の体験施術が“無料”でご提供しております!是非PNFをご体感ください。その場で変化を感じられます。スタッフ一同ご連絡・ご来院心よりお待ちしております。