施設について

私達の使命、思い

「杖を使わないで歩けるようになりたい」「もっと良くなりたい」きっとそんな願いを持ってこのページをご覧になっていることだと思います。その願いを叶えるために「リハビリを受けたい」という、ご利用者様やご家族様のご希望に応えるサービスをご提供することが、私たち脳梗塞メディカルリハの使命です。

脳卒中などの突然の病気で入院すると、まずは身体の状態が良くなって、無事に退院できることを目指されるでしょう。退院を目指して、病院ではリハビリを行ないます。ところが、自宅に帰ると「病院ではできていたのに・・・」や「できると思っていたことができない」「身体が動きにくくなった」など、退院前には考えられなかったお悩みを抱えてしまう方が大勢います。どうしてでしょうか。それは、年々入院できり日数が短くなり、病院では「家に帰るため」のリハビリが中心だからです。麻痺など後遺症が残っている身体でも自宅での生活をしてみると、退院時は転ぶことも無かったのに、自宅に戻ってからは転倒しやすくなるなど、思ってもいなかったことが次々と起こります。発症早期は身体も回復しやすく、毎日のようにリハビリを受けることにより身体機能が改善していきます。しかし、一定期間が過ぎ、リハビリの頻度が減ると、身体機能はどんどんと減退していきます。現在の保険制度では病院の入院期間は短く、自宅に戻ってからは満足のいくリハビリを受けられない状況になっています。退院の際に、病院の先生やリハビリのスタッフから、「再発予防に、適度な運動をしてくださいね。」と助言を受けても、介護保険ではリハビリの専門資格を持たない方が短時間で携わるのみということも珍しくありません。質が高いリハビリを継続できる環境や場所が無いことが、現代の日本の課題だと私たちは考えています。

私たちはリハビリを満足のいくまで受けられる環境を提供します。ご利用者様やご家族様の声に耳を傾け、個々の身体状況や課題を解決し、一緒に目標達成に向かう努力を怠りません。それが、脳梗塞メディカルリハの自費(保険外)サービスによるリハビリでは可能です。

公的保険(医療保険・介護保険)を
ご利用いただけないのには理由があります

公的保険(医療保険・介護保険)によるリハビリは、個人負担額が少なくてすむというメリットはありますが、出来るリハビリには限りがあります。保険適用のリハビリは急性期と回復期を対象としており、病院は自宅へ帰るのに最低限必要なリハビリを施します。また、退院後のリハビリも、退院時の状態を維持することが目的です。例えば歩くことに関しても補助具を用いたものとなり、自分の足で歩きたいという望み叶えるものではありません。現在の状態を維持するだけですから、残念ながら、リハビリ内容のカスタマイズや、リハビリ時間を長くすることもできません。
対して、脳梗塞メディカルリハによるサービスでは、内容や時間の制限は設けておらず一人一人の状態に最適なリハビリを行います。それが、より幸せに生活を送るための「改善」を目指したリハビリだと考えています。ご利用者様の「こうなりたい」というご要望にお応えできるようなメニュー・時間内容となっています。最低限の生活ではなく、職場への復帰、家事への復帰、旅行なども夢ではありません。

通所リハビリ
対象者:要支援・要介護者
回数 :原則、介護度による
時間 :20~30分
資格者:無、セラピスト
訪問リハビリ
対象者:要支援・要介護者
回数 :原則、介護度による
時間 :20~40分
資格者:看護師、セラピスト
脳梗塞メディカルリハ
対象者:リハビリしたい方
回数 :制限無し
時間 :90分
資格者:医師、セラピスト

保険(医療・介護)との料金比較

一見、料金が高いと感じるかもしれませんが、実は病院で受けている診療・リハビリの金額とほとんど変わりません。
通常、医療保険・介護保険を使用した場合、公的負担があるため実質1~3割の負担金額となります。
しかし保険を適応しなかった場合の自費負担金額は、ここでの負担額とほとんど変わりません。
当施設では、医療現場・施設などにおいて経験を積んでいる知識・技術に富んだ実績のある医師・理学療法士・作業療法士がリハビリを担当いたします。
病院・施設のリハビリと比較しても劣ることはありません。また、90分間マンツーマンで行っております。
他の施設では、自主的な運動を行わせるだけのところも存在しますが、ここでは理学療法士・作業療法士がリハビリを十分に行います。
「退院後のリハビリ場所がない」「もっと良くなりたい!」と思われる方はぜひお越しください‼

全国で話題の「自費リハビリ」で改善を実感する方が増加しています。

今、自費リハビリの施設が全国に拡大中です。 国(厚生労働省や経済産業省など)が、自費リハビリの「価値」を認めており、リハビリ業界においても新しい場の提供となるため非常に注目されています。 当施設では、責任感の強い経験豊富なセラピスト(理学療法士・作業療法士)が在籍しており、各々が培ってきた経験や知識・技術を多くの方々へ提供しています。著名人も通うことが多く、個別性の高い空間でプライベートも守られるため、じっくり集中してリハビリすることが可能です。 経験豊富なスタッフ、リハビリに集中できる環境で、あなたも効果を実感してみませんか?

古渡 将也
代表取締役

2018年M&メディカルリハを設立し代表取締役に就任。

ミッション
夢溢れる未来への貢献
ビジョン
志高い事業をつくりつづける。茨城県から世界貢献

脳卒中はかつては非常に危険な疾患でしたが医療の進歩により命を落とす危険性は減ってきています。
しかしながら、後遺症が残ることにより介護が必要になるケースが増えてきています。
脳卒中は退院後の継続的なリハビリが非常に重要なのです。
ところが利用者様の状況に応じたリハビリプランを作り、マンツーマンでリハビリを実施できる事業所は少ないのが現状です。
私たちは少しでも多くのご利用者様に脳梗塞メディカルリハのオリジナルのリハビリプランを体感して頂きたいと願っています。医師・理学療法士によるこれまでにないリハビリです!

遠藤 敦盛

取締役 理学療法士

2015年牛久カッパ整体院を開業。

大島 康裕

取締役

現つくばFC理事・元ジョイフルAC開発責任者。

近藤 三千彦

取締役

マーケティング・プロモーションのプロ。

小野間 優介

取締役 医師

現あおい病院総合診療科。

脳梗塞メディカルリハの外観
運営 M&メディカルリハ株式会社
代表者名 古渡将也
本社所在地 〒300-1233 茨城県牛久市栄町3丁目194-3
事業内容 脳梗塞・脳出血の後遺症にお悩みの方が、保険制度にとらわれず、自立・職場復帰に向けて行うゴールに応じた本当に必要な自費リハビリサービスを行います。併せて、脳梗塞患者のリハビリにおけるデータを収集・分析し、特性や症状改善の効果・判定等を行い、その結果を様々な学会で発表してまいります。
おすすめ記事
お知らせ『緊張』と『弛緩』~メリハリの重要性と簡易トレーニング法~
こんにちは!茨城県つくば市のイーアスつくば内にある脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間です。皆様GWはいかがお過ごしですか?先月はオープン初月にも関わらず、非常に多くのお客様にご来店、ご成約頂き、また早い方はリピートまでしていただき、非常にありがたい限りです!そして、それだけ社会から必要とされている事だと改めて強く自覚しているところです。これからもよりよいサービスを提供し、同時に医学的なエビデンスを形成、発信していく。そのためにも皆様のご協力が必要です!今後ともどうぞよろしくお願い致します!!さて、今日は皆様に多少役に立つかな~という事をご紹介させて頂きます!GWに入られて、休みが取れた方は、リラックスされてますでしょうか?逆に離れた家族がきて普段より緊張している、という方もおられるかもしれませんね(笑)この緊張(ストレス)と弛緩(リラックス)というのは、どちらがいいとか悪いとかでは実はないのです。緊張と弛緩を交互に繰り返す事、そのバランスを取る事、それのメリハリをつける事。それらが非常に大事になります。リハビリでも非常に大事な概念で、脳梗塞の後遺症の方は、かなり多くの方が、筋肉の過緊張状態が続いていると思われます。これを医学用語では「痙縮」と表現したりします。この状態で筋トレとかをガンガン頑張ると、逆に筋肉の緊張が亢進して、余計に動かなくなる状況にもなりえてしまいます。この場合、適切に緊張を取る、弛緩させるトレーニングや処置が必要になってくるのですが、そこは結構難しい。実際、健康な人も、頑張ることはできても、なかなか意図的にリラックスする事って、案外難しくないですか?でもそこのアプローチ方法を身につけると、非常に改善が促進されます。日常生活でも、頑張る時と休む時のメリハリをしっかりつけられるようになると回復力が増し、その結果、力を出すべき時にしっかり出せる。そういう風になるのです。具体的にどうするか、というのは、リハビリになると個別性が非常に高いので、なかなかこの場で端的に、とは難しいのではありますが、逆に健康な人の場合なら簡単にご説明はできます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【緊張と弛緩のスイッチングトレーニング】①例えば、右手~腕に力を入れる。全力で握りこぶしを作り、肘を軽く曲げ、力こぶを目いっぱい作る。これを10秒ほど持続。②一気に力を抜く。その時、脱力した感覚を十分味わう。脱力がどういうものか、よくわかるはず。それを全身の各パーツでやってみる。最後は弛緩した状態で終わる。そうすると、すごく力が抜けた感覚が掴めると思います。この状態で眠りにつくとぐっすり眠れますよ!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーただ、脳梗塞後で緊張が普段から強い方が試すと、(健康な側の)力を入れる事で、(麻痺側の)緊張が強くなる事がよくあり、その解除は非常に難しいので、後遺症のある方は控えて下さいね。実際に後遺症で苦しんでいる方、特に筋肉の緊張が強く、そのせいで動きが上手くできずに苦しんでいる方は、是非、当院にまでご足労頂ければ幸いです。その際には、体験の方なら無料で出来る限りの事まで、ご契約の方にはより詳細で濃密な内容を、プログラムに組み込んでやらせて頂きます。当然ですが、弛緩だけでもダメです。力が抜けすぎてしまっては立ったり動いたりできませんからね。『緊張』と『弛緩』のバランス。それをバランスよくとり、メリハリをつけて、切り替える事。それがどんな人にとっても非常に大事な事だと思います。ご興味がある方は、是非お問い合わせから、お願いします!令和初の当店からのブログでした。ではまた!令和元年5月2日代表医師 小野間 優介
お知らせ脳梗塞メディカルリハOPEN!!
皆様、おはようございます!脳梗塞メディカルリハ代表医師の小野間優介です。私達は、『世界からリハビリ難民をなくしたい!』この想いで、この会社を立ち上げ、イーアスつくばから世界に昨日(平成31年4月1日)羽ばたき始めました!!この『世界からリハビリ難民をなくす』という大志を抱きつつ、リハビリや後遺症からの回復を模索している目の前の皆様と個別に親身に寄り添いながら、量でも質でも最高のリハビリを提供していきます。そして、皆様が脳梗塞などの後遺症に向き合い、そこから一歩でも前に進み、後遺症を克服し、生活を改善し、より自信をもて、自分を大好きになれる!それを見て周りの人も幸せになれる!そんな人たちが溢れるきっかけになる、そんなリハビリを提供していきたいと思っております!!まだまだオープン直後で至らぬ点が多々あるかと思いますが、ある程度の事は寛容な心で受け入れて頂き、また一方で、改善すべき事に関してはどんどんお伝え頂ければ幸いかと思います!!私達の会社について少しお話しておきますと、私達の会社は『M&メディカルリハ株式会社』が母体で、この「脳梗塞メディカルリハ」と同敷地内隣接の「筋膜メディカル整体院」の2つを掲げてスタートしました。「筋膜メディカル整体院」はご利用して下さった方ももうすでにおられるかもしれませんが、どこにいっても治らなかった腰痛や頭痛などを、「手術や薬を使わずに」治す事を目的とする整体院です。整体というとゴキゴキならすとかのイメージがあるかもしれませんが、そういうのは一切なく、また、かといって気持ちいいだけの施術とは違う、根本的に痛みの原因のアプローチしていく手法を採用している所です。もしそちらでお困りの方がおられましたら是非お気軽にお問い合わせください。一方で「脳梗塞メディカルリハ」の方ですが、こちらは、「自費で」「医師による監修の元」「理学療法士とマンツーマンで」「とことん」リハビリを行うための施設になります。「自費」というと皆様はご不安に思われる方多いかもしれませんね。ですが、保険が「使えない」のではなく、「使わない」という選択肢を取る事で、自由に(=必要なものを)時間も頻度も設定できるシステムにしたかったのです。皆様の中で、「もう少しリハビリができたらもっとよくなるのに・・・」「リハビリもっとやりたいけど、いつもいい所で終わりになってしまう」「自主トレも大事なのはわかるけど、もう少しマンツーマンでリハビリみてもらいたい」などの思いをしたことがあるのではないでしょうか?私も医師として、このような状況を沢山見てきました。そして何とかしたい!そういう思いでこの会社をスタートさせ始めたのです!「医師による監修」は、当面医師は私だけです(笑)。だから私が皆様のお体の改善の責任を持ちます!ただ私一人では十分な事はできませんので、担当の理学療法士を始めとした当院のスタッフと協働して、そして当然ですが、皆様自身や皆様のご家族にもご協力頂く事は多々ございます。それら全てを働かせて、必ず「脳梗塞があって大変だったけど、今幸せだ!」と言えるような未来に向かっていきます!そして少し現実的な話をすると、現時点では医師が自費リハビリサービスに介入するのは類を見ない、唯一無二のリハビリサービスだと自負しております!「理学療法士とマンツーマン」ですが、これは文字通りです。多くの病院だと、理学療法士が最初から最後まで自分につきっきりというのや、それどころか毎回決まった担当者がつく、という事もかなり少ないのではないでしょうか?当院では「完全担当制」「終始マンツーマン」です!そしてその高い質のリハビリを、「とことん」できるのも最大の魅力!1回のリハビリの時間も90分で、基本は週2回を設定しておりますが、ご希望次第ではいくらでも増やせます!週5回でも極論を言えば構わない訳です。ただ、もちろんその回数の上限に関しては私や担当理学療法士が皆様の体調を見させて頂いた上で安全を第一に判断はしますので、そちらも無理な事・危険な事はさせませんのでご安心ください。このようなリハビリサービス、保険医療機関を含めて見まわしても、他に類を見ないと思うのです。「自費で」やらないとできない事だった。だから自費でやろうという事になり、『自費だからこそできる十分なリハビリサービス』がここにあるのです。「自費=保険が使えないいかがわしいもの」ではなく、 『自費=保険を使わないで自由に質も量も高いものを組み込んでいける素晴らしいもの』という認識で私達は取り組んでいます。是非皆様もご理解・ご共感頂ければ幸いです!さて、長くなりましたので、今日はこのあたりで終わりたいと思います。最後に、医師である私が初回面談と最終面談をする事になっており、それが火曜日と土曜日にさせて頂いております。(詳細はHPご参照ください。)本日、脳梗塞メディカルリハ初回面談初日となっております!まだまだご予約空きがございます!!是非ご興味がある方がおられましたら、お気軽にお問い合わせください。脳梗塞メディカルリハ:029-846-0774私達と一緒に素敵な夢溢れる未来を作っていきましょう!!